結果を表示できる健診システム

結果を表示できる健診システム 健康診断を受けると健診結果が出ますが、これは、人間が作業を行っているわけではありません。
昔は、一つ一つ人間が手作業で行っていましたが、現在は、手作業で行うと非効率になっているので、作業を効率良くするために、開発されたのが健診システムです。健診システムを活用することによって、診断結果を全て機械が自動的に表示するために一日で多くの健診者の対応が可能です。
健診をする医療機関側も健診システムを導入することで人手が少なくてすむために人件費を削ることによって、コストの削減にも繋がります。人件費を削ることで更なる手厚い医療を提供することが実現します。健診システムを導入する際にはコストがかかりますが、長期的な目で見るとコストダウンになるでしょう。
そのため、大病院だけではなくて、開業医もこのシステムを導入しているので、現在ではほとんどの医療機関が導入しているシステムでしょう。
また、報告書の作成も自動的に行うことが可能です。

健診システムデータの標準化について説明します。

健診システムデータの標準化について説明します。 現在、健診システムデータの標準化が進んでいる。以前の健診システムはCSV(CommaSeparatedValue)形式といって、患者を特定する番号や身長、体重などの数値のみをデータ化していた。しかし、現在はXML(eXtensibleMarkupLanguage)という様々なシステムと情報の交換が可能な方式を使用しています。マークアップランゲージというのは、Webページを構成するHTMLとも似た「タグ」という単位で構成された言語です。
このXML方式にすると数字以外の項目、例えば「検査コード」「身長」「体重」などの日本語の部分も情報として扱うことができます。そのため、XMLは医療情報の国際標準になっています。日本では、今後マイナンバーと健診システムがネット上で繋がると言われています。
そうすることによって、国民が自分の健康状態を把握しやすくし、医師との連携も図れるというわけです。このシステムの中心になるのが、今後より重要になってくる「クラウド」で、国と医療機関、個人情報とどこまで連携するかも検討が必要です。