業者との意思疎通が必要

業者との意思疎通が必要 健康診断は、会社の総務部門などから日時を指定されて受診し、その結果の通知を受けるもので毎年の健康状態のテストを受けているようなもので、精密検査にならないように気を付けようなどと健康を考える動機づけにはなっているものといえます。しかし、現在では健康経営という言葉があるように従業員の健康状態を経営戦略の視点で見ていくという考え方があり、従業員が健康であり最高のパフォーマンスで働けるような状況にするべく対応しているところです。

その一つのツールとして健診システムを構築し、そのデータを蓄積し、分析し従業員の健康状態を予測するなどということが行われています。では、この健診システムを理想的なものとするために注意しなければならないことは何でしょうか。それは情報を活用し社員をどのように健康に導くかというコンセプトがはっきりしていることです。例えば、血液検査の数値が健康状態から外れている者について、運動させて健康にしようというなら、数値から導かれる最適な運動などがあらかじめ要件定義されており、これを社員にメール等で勧めるといった仕組みが必要なのです。ただデータを蓄積するのではなくその活用を明確に意識し、業者と意思疎通をしてシステムを作っていく必要があります。

使いやすい健診システムの特徴は何かを考察する

使いやすい健診システムの特徴は何かを考察する 健診システムは多くの医療機関でも導入されており、患者さんの健康に関する情報データを莫大に格納しています。実際には現場で健診システムを使うと、一人単位の患者さんであっても、項目の羅列や数値の羅列で構成されていることが多いのが特徴的です。
しかし一日に何度もこうした患者さんの数値データを見ていくことは、非常に事務作業でも大変になることも多く、判断や分析の違いが生じることもあります。そのため健診システムを導入する上では、使いやすいシステムになっている必要があり、数値を図とグラフ化されていると実際に利用しやすくなるのは確かです。

忙しい現場では医師の直感が左右することも多く、多くの類例を見ていく中で図やグラフ化されていることで、使いやすいものになります。また近年はAIの有効活用で、コンピューターの判断の方が精度があるため、健診データより異常を見つけそれを医師も抽出して対応しやすくなっています。
複雑な事象を図やグラフ化して提供できること、それと同時にAIの判断を有効活用することが健診システムの将来の在り方でも重要になります。