このサイトでは、健診システムを導入するためには、どのような流れで進めればよいかを始め、幅広い内容について説明しています。
具体的には、問い合わせをする際に決めておくことや、要件定義などの序盤に用意しておくことから、システムを形作るための打ち合わせや業者との意思疎通の方法など、実際に業者とのやり取りに関してのことなども紹介しています。
システムについて検討している方に向けて詳しく説明されているサイトです。

健診システムの導入の流れ

健診システムの導入の流れ文 健診システムは、健康診断や人間ドックの結果を合理的に管理し、健康診断や人間ドックをスムーズに行うことや、健診時間の短縮を行うのに役立つシステムです。
その導入方法としては、まず健診システムを扱っている業者と連絡を取ります。
フリーダイヤルやWebの問い合わせからコンタクトが取れることが多いです。
連絡が取れたら、担当者と打ち合わせを行い、希望に合ったシステムの見積もりを出してもらいます。
その内容で納得できれば契約となります。
その後は、契約内容に基づいて、健診システムをカスタマイズしてもらい、システムの運用テストを行います。
平衡稼働を行い本稼働を確認後納品されます。
大まかな流れはこのようになっていますが、業者によって対応が違うことがあるので、詳しくは打ち合わせの時に確認するのがいいでしょう。

健診システムで事務の効率化を支援できます

健診システムで事務の効率化を支援できます 一般企業や医療機関では、新年度開始などのタイミングでスタッフの健康診断を行います。
診断の対象となるスタッフが多いほど、事務処理の負担が増える傾向にあるのが一般的です。
健康診断に関わるスタッフを大幅に増やすのは難しい場合も多く、負担の軽減は簡単ではありません。
そんなときに導入を検討したいのは健診システムのバージョンアップです。
健診システムは健康診断の進行やデータ分析を総合的に支援するシステムで、うまく導入ができれば事務処理の負担を大幅に軽減できると期待されています。
具体的には、健診によって得られたデータの入力を比較的簡単に行うことができます。
データによっては自動で入力することもできるので、短時間かつ正確性の高い入力が可能です。
さらに、得られた各種データをいろいろな形式で出力することもできます。
治療や精密検査が必要なスタッフがいた場合、健診データを別の医療機関に送信することが可能です。
大切な点として、セキュリティにも配慮されています。
大量の個人データが蓄積されていくシステムのため、外部からの不正なアクセスやデータの持ち出しは避けなければいけません。
最新のシステムであればデータ管理の側面でもスタッフの負担を減らすように支援してくれます。

健診システムの参考サイト

健診システム